map ◎ネオンテトラへのリンク

漫画家・岡野玲子へのビジネスリクエストは、こちらのメールアドレスネオンテトラのメールアドレスrequest@neontetra.co.jp
◎有限会社ネオンテトラにて承っております。

*本サイトのレイアウトはcss対応ブラウザ向けに作成しています。

Netscape Navigator4.x 以前やInternet Explorer4 以前などの古いバージョンのブラウザでは正しく表示されない場合がありますがご了承下さい。

サイトOGDOADへのご連絡はこちらで承りますサイトのメールアドレスnajanaja-webアットマークnajanaja.co.jp

(c)2000-2017 Reiko Okano,
NajaNaja L.T.D. All Rights Reserved
Powerd by NajaNaja L.T.D.& ideora
Best viewed with IE6 or lator

本サイトに掲示されているデータ及びプログラムは 著作権で保護されています。まずは「お知らせ」の部屋をご一読くださいますようお願いいたします。

counter

シェアラヴ玉手匣

new!2018年6月14日到着、「丹生都比売神社のご神犬 キャラクターデザイン受賞作のご紹介」岡野玲子の最新のコメントです。上の玉手匣をクリック!

雄勝鼓動

new!雄勝の2018年春のお祭りの様子と、映画『海の産屋』上映会についての記事を掲載しました。上の画像をクリック!

電子書籍 コミックシーモアへのリンクbooklive!へのリンクAmazonKindleへのリンク 白泉社eネットへのリンク eBookJapan!へのリンク

電子書籍 白泉社eネットへのリンク 白泉社eネットへのリンク bookliveへのリンク Kindleへのリンク

...last updated 2018年6月14日

new!「◎雄勝法印神楽と東日本の鼓動」では、春の祭典の訪問記事を追加しました。いまの雄勝の様子も写真を交えてご報告です。また、6月24日(日)雄勝にて開催映画『海の産屋』の上映会のご案内と、1月の東京での上映時催された、手塚眞&岡野玲子のトーク会の内容詳細のご案内も同じく掲載しました。

new!「◎シェアハート玉手匣」では丹生都比売神社の新キャラクターのご紹介。初夏の光に美しく映える神社の写真も掲載しています。

知日

new![◎about OKANO]のイベント&記事には、中国のグラフィックマガジン『知日 51号』(中信出版社)の紹介を追加。岡野玲子のインタビューと作品『陰陽師』を14ページに渡り掲載いただきました。
詳細は[◎about OKANO]のイベント&記事にて。

Windy347号

フリーペーパー『Wendy 第347号』の「本音のエッセイ」コーナーに岡野玲子のエッセイ「心に響く”本当の音”」が掲載です。

「本音」という言葉の「本音」って何だろう?今は便利な道具を使って、寸時に世界じゅうとコミュニケーションができる時代。その心の奥に響いているのは…。
日ごろ岡野が感じ描く「本音」のことを語りました。ぜひ、ご覧ください。

本紙は無料で配布されているマンション生活情報紙で、こちら◎『Wendy-Net』では「本音のエッセイ」記事◎バックナンバーが掲載されており、無料でご覧いただけます。

※なお、当OGDOADでは4月21日にこの記事をご案内いたしましたが、『Wendy』紙『Wendy-net』記事の双方に表記の誤りがありましたので、いったん修正を待ち、4月25日、再度のご案内になりました。配布紙『Wendy』は不可能でしたが、『Wendy-net』記事は修正すみのものになります。

[◎about OKANO]のイベント&記事を更新しています。

◎台湾のこと

愛をこめて、加油!台湾。
7年前、熱烈な歓迎をいただいた台湾。様々な体験から示唆を読み取る岡野玲子にとって、特別なこの地への思いを馳せ、2月15日の春節に向け書きはじめた「シェアハート玉手匣」。すると花蓮市の大地震の一報が。

被害の回復を祈り、台湾のみなさんからいただいたピュアな愛情へ、あらためてふかい感謝をこめ、「翠玉色の島「台湾」へ 感謝と、愛をこめて」を書きました。どうかご覧ください。

また1月22日、降り続く大雪も溶かさんとアツイ!音楽にしびれた「星くず兄弟LIVE!2018」の様子のレポートも、写真満載で届いています!

星くず兄弟公式サイトへ

星くず兄弟twitterページへ星くず兄弟ページへ星くず兄弟facebookページへ

♪♪俺たちゃ双子で 運が強くて〜♪ Sexyな、Stardust Brothers!

80年代、当時のキラキラ輝くポップカルチャーをぎゅっと濃縮した手塚眞監督のカルト・ムービー『星くず兄弟の伝説』

その痛快娯楽映画のホットな魂をひっさげ、ミレニアムを越え新たなコンセプトで撮りあげた楽しい!楽しい!新作ロック・ミュージカル『星くず兄弟の新たな伝説』が、全国劇場スクリーンで公開中。
1月20日テアトル新宿を皮切りに全国で順次公開中◎岡野玲子からもリコメンドのコメントが「シェアハート玉手匣」に届いています!

三浦涼介&武田航平演じるブリリアントな兄弟&ナイスバディでひたすら元気な女性陣。ライブシーンで猛烈にかっこいい弾けた浅野忠信夏木マリ姐御とキメキメのデュオを聴かせてくれるISSAY野宮真貴井上順内田裕也…歌って踊れるカルト・レジェンド達のくりだす熱唱、そして異彩を放つはラサール石井
綺羅星ゲスト俳優さんたちがそこかしこに散りばめられて、思わぬところで笑わされたり泣かされたり…そしてハートを鷲掴みにされるような音楽も盛りだくさん。

◎ぜひぜひこちらの公式サイトで、予告編&各地の劇場公開予定をチェックください!

星くず兄弟Live

また、新旧星くずサウンドが結集した◎サウンドトラックが発売中。ゴージャスな劇中音楽は、映画本編より特別に長く編集したMusic Videoが、惜しみなくyoutubeで公開中です。

「さかさま天使」キラキラした笑顔、撮影当時16歳・荒川ちかちゃんの堂々たるステージっぷり。

星くず兄弟、月へゆく

◎地球を抜け出しちょいと月まで「星くず兄弟、月へゆく」のポップなナンバーは野宮真貴。(※編集は映画と同じです)

◎まるでゴージャスなスペース・スパイダー。スターダスト・ブラザースの熱唱ロングバージョン「星くず兄弟の伝説(2016 ver.)」

星くず兄弟ページへ

◎手塚眞監督の対談サロン「星くずサロン」の映像、荒川ちかちゃん登場回をぜひどうぞ。

◎映画OKUAGAチラシ

2017年12月2〜3日、手塚眞監督の新作アートフィルム『OKUAGA』の上映会と、手塚監督&岡野玲子のトークショーが新潟で催されました。

◎「シェア玉手匣」に、上映会の様子のご報告と新しい2018年に向けて、岡野玲子から皆さんに年越しのご挨拶が到着しております。

また[◎about OKANO]のイベント&記事を更新しています。

◎岡野玲子京都トークショーご報告のページ

秋晴れの2017年11月5日、京都・晴明神社への正式参拝からスタートしたプライベートトークに、日本各地からお集まりいただいた皆さま、ほんとうにありがとうございました。

皆さまへの御礼と、直後の旅のご報告を写真を交え綴ったコメントが岡野から到着し、◎シェア玉手匣でご覧いただけます。

今回ご参加いただけなかった方も、ぜひご覧ください!

インタビュー記事のお知らせです。マキノ出版から発売されている月刊誌『ゆほびか』2018年2月号(2017年12月16日発売開始)に、岡野玲子のインタビュー記事が2ページ掲載されています。

詳細は[◎about OKANO]のイベント&記事を更新しています。

◎陰陽師玉手匣7巻

◎陰陽師玉手匣特設ページ

◎帯付きの単行本
◎帯なしの単行本

桜の木の根もとに眠る安倍晴明と脈動する大地…「隔月刊メロディ」誌(白泉社)への連載執筆開始で、安倍晴明のよみがえりと新たなる冒険がスタートしたのは2010年の年末。それから足かけ7年、2017年7月28日『陰陽師 玉手匣 第七巻』の発売が開始し、全七巻の物語は完結をむかえました。連載時から25ページ以上にわたる加筆を加えて完成しています。

◎書籍の詳細は、こちら特設ページをご覧ください。
また[◎about OKANO]の新刊&連載を更新しています。

紙の書籍と同時に、各社電子書店で電子書籍も配本開始です。液晶の光で読む画面はまた紙面とは違った美しさ。◎白泉社の電子書籍サイトをはじめ各電子書店でぜひお求めくださいね!

◎週刊文春◎陰陽師の世界へようこそお試し版

2017年7月27日発売開始の◎『週刊文春8月3日号』の「Close Up」コーナーに1ページのインタビュー記事「"女性性"の復権への祈りを込めて」が掲載されました。

また、8月31日まで無料で公開中の完全期間限定お試し読み電子小冊子『「陰陽師」の世界へようこそ』に、『陰陽師』『陰陽師玉手匣』を各一話、ほかインタビュー記事(2012年初出、再収録)が掲載されています。

無料電子書籍は電子書店各社に配本されています。◎「陰陽師」の世界へようこそ【小説・コミック 増量お試し版】というタイトルで検索してみてください!

両国花錦闘士西の横綱編両国花錦闘士東の横綱編

両国花錦闘士紹介ページ

2017年5月15日の「壱 東の横綱編」の発売に引き続き、7月14日、『両国花錦闘士 弐 西の横綱編』の新装復刊が発売開始!岡野玲子の画業35周年記念を祝う東西二冊の重量級単行本が揃いました。

お相撲雑誌に配属されてしまった新人記者・淳子と、ボーイズアイドルたちを率いる女社長・桜子。二人が出逢うのは「超」重量級の勝負をめぐる祝祭の世界。昇竜(しょうりゅう)と雪乃童(ゆきのわらべ)、二人のライバル力士の大活躍をぴりりと風刺を利かせたタッチで描いたノンストップコメディです!

詳しくは◎紹介特設ページをご覧ください。

また[◎about OKANO]の新刊&連載を更新しています。

◎コミックナタリー◎「ダ・ヴィンチニュース」◎相撲フリーマガジン「TSUNA」vol.28に、紹介記事が掲載中。また、◎小学館コミックの特集ページからは、試し読みや購入ができます。 また、『壱 東の横綱編』復刊のときに、岡野からメッセージが届いています。

≪ 新装復刊『両国花錦闘士 壱 東の横綱編』に寄せて ≫

帯の「画業○○周年」に、え!?まだデビュー7年だった気がするけど…?と全身総毛立つのを感じて、岡野は痛い(爆)。
いつも一作完結させるごとに、ハァーー、これで1からやり直し、という感覚なのよね。

すっかりお相撲から離れていた数十年、全く思いがけず、相撲漫画の復刻版の新装丁のために、描いた、描いた。 ほとんど何も考えてなかった。ただヴィジョンが出てきてしまうので、おお、これもか、ああ、これもか??ほほう、これも描いとくのか…おい、大丈夫か?『陰陽師 玉手匣』カラー扉画、待ってるぞ?
…そんな感じ。

その後、『陰陽師 玉手匣』の最終回にもつれ込んだ…汗。
ぶつけたくなかったので、避けて手回ししたにもかかわらず、ガチでぶつかりました、『両国花錦闘士』と『陰陽師 玉手匣』。

東の巻と西の巻の2冊にまとまる『両国花錦闘士』、できあがった『壱 東の横綱編』を見ると、おおお、なんだか化粧まわしを締めたお相撲さんのよう。

そして、デザイナーさんがよく選んでくれたと思う紙質。 触れた途端思い出したのは、当時取材した巡業先でお相撲さんが触らせてくれた腕。
「ほら、触ってみな。固いんだよ。」と、スベスベでつやつやでもっちりとして固い腕、その時の情景を思い出したのよ。

今自分で読んでも、「うはは〜。よくもこんな会話を!えっ?よくこんなことを知ってたなぁ。」 と自分でも腹を抱えてしまう、なかなかに辛口で痛い作品だが、結構楽しい。
巻末には、往年の『両国花錦闘士』ファンお馴染みの◎世界の名画のお相撲パロディもカラーで収録。 やはり、「マジこれを描くなんて猛烈バカだ…。」と、描くのがあまりに大変で、夜中に独りで冷や汗流して後悔したことを思い出して、岡野は結構痛い。

そんな思いが次々湧きあがってきて、案外楽しい復刻版が誕生しました。 各界のみなさんが寄せてくださった◎多くのコメント◎特別寄稿の余白からも立ち上るのがわかるように、相撲界はこれからますます盛り上がるエネルギーを感じます!
そして、みなさん。もしお買いになったら、本の全体、一枚一枚のページ、どうぞ、撫でて♥みてくださいね。(岡野玲子)

陰陽師のすべて   魔界探訪

2012年に発売された夢枕獏さんのムック『『陰陽師』のすべて』が、そのまま文庫本になりました。岡野玲子のインタビューや対談記事も載っています。すぐ読める電子書籍も用意されています。
また、京都のミステリアスなスポットを特集した扶桑社のムック『京都魔界探訪』は、巻頭特集が安倍晴明。岡野玲子の最新インタビュー記事が掲載されています。

これら情報を掲載し、[◎about OKANO]の[イベント&記事]を更新しています。

2010年11月12日、作品『イナンナ 下弦の巻』が発売されました。
今回も初版に限り、ベリーちゃんの『ベリーダンスの基礎知識』が封入されていますので、お求めはぜひ、お早めにご予定くださいね!
OGDOADの◎[イナンナ]のページも一新しています。

inanna_kagen to inanna page

平安京のコスモロジー

2008年11月に行われたシンポジウム◎「平安京のコスモロジー」の成果をまとめた書籍の紹介ページを作成しました。こちらからご覧下さい。